ネイチャージモン・プロフィール ...Nature-Jimon.com ?

〜 自然大好き! 〜

人は、自然(ネイチャー)に生かされている。
人は、知らず知らずの間にそのことを忘れ、
自らが地球の支配者だと錯覚し、
力と数で攻め立てる。
今、自然(ネイチャー)に
もう一度目を向けよう。

ひとつの生命体が絶滅すれば、
それにまつわる生物も
同じことが繰り返される。
最後に人類も……。
自分も含め、地球における人間は、
あたかも殖えゆくガン細胞のようだ。
だが、地球を救える唯一の存在、
それも人間なのだ!

人も草も花も虫も木も動物も魚も、
すべて同じ地球の生命。同じ尊き命。
すべてがネイチャーに包まれている。
自然に包まれ、自然に生かされ、
自然に気付かされる。
つまり……山籠もり最高!

 
 

ネイチャージモン・プロフィール


 
ダチョウ倶楽部のメンバー『寺門ジモン』のもう一つの顔。それが『ネイチャージモン』。
幼少の頃から兵庫県の山奥に住み、30年間独自のトレーニングを1日も休まず続けている。ある深夜番組のトークコーナー「芸能人、誰が一番ケンカが強いか」のゲストに呼ばれ、その楽屋で自分のキテレツなトレーニングを漫才コンビ・浅草キッドに話していたら、浅草キッドの水道橋博士が感動、後に著書「お笑い男の星座2」にそのことを執筆した。
後にそれを東野幸治が面白いとバラエティ番組「やりすぎコージー」でフューチャー。ゲストとして呼ばれ、そこではじめて「ネイチャー」と呼ばれた。「ナイスネイチャー!」という言葉もこの番組で誕生している。
時計、ジーンズ、スニーカー、軍モノ、ブランド物など、物のこだわりのパイオニア。特に食については独自の考え方を持っている。
 
 

今明かされる!ネイチャー驚異の肉体!その全貌を大公開!

 
01.ネイチャーアイ
視力2.5以上、1km先のロバ、ジープ、マサイ族も見分けられる。先天的に細い目は砂嵐でも相手を発見できるが、細すぎるため、タレントとしての目力に欠ける。
02.ネイチャーイヤー
五感を研ぎ澄ましているので、人の心の声が聞こえたり、20km先の悪口も聞こえるが、リアクション番組などで爆発音を聞きすぎたため、近くの声は聞き取れない。
03.ネイチャーノーズ
シェパードにも匹敵する嗅覚。山でも遠くにいる野生動物の臭いを嗅ぎ分けられ、通常の人間の3倍は酸素を吸うことができる。しかし、大きすぎるため顔のバランスが悪い。
04.ネイチャーマウス
今までの給料の大半を食べ物に注ぎ込んだ贅沢な口。肉好きのため、どんなに硬い肉でも噛み切れる。だが噛みすぎてバラエティ番組でもカミまくる。
05.ネイチャーハンド
ゴムのような柔らかさから、一瞬で鋼の固さまで変えることができる。野生の動物はたやすく掴めるが、女性のハートは掴めない。
06.ネイチャーハート
30年間一日も休まず鍛え上げた強靱な肉体と精神力。どんな鍛錬でも耐えられるが、失恋は耐えられない。
07.ネイチャーヒップ
年間5回山に篭もり、毎朝欠かさずネイチャースクワットをすることによりできた、ディープインパクト並の筋肉の厚み。だが財布の中身は薄い。
08.ネイチャーレッグ
幼少の頃、足の指だけで鉄棒にぶら下がったり、プラモデルを完成させた器用な足の指先。地球を掴んで歩いている。だがトーク番組で笑いのツボは掴めない。
09.ネイチャーボディ
日頃の鍛錬で横隔膜を震わせられるようになり、熊や猪までも怯えさせられる。だが育ちが良いため食中毒(特に牡蠣と鯖がダメ)になりやすい。